スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激甚災害に指定=チリ大地震の津波被害で-政府(時事通信)

 政府は20日の閣議で、2月のチリ大地震で発生した津波による被害を激甚災害に指定する政令を決定した。これにより、自治体が行う災害復旧事業への国の補助率がかさ上げされる。23日に施行する。
 今回は、水産業の養殖施設に大きな被害が出たことを受け、これら施設の災害復旧事業の適用要件も併せて見直した。現行は、全養殖施設に対する被害を受けた割合が2割を超えることが要件となるが、新たに被害額が2000万円を超える場合も適用することとし、支援対象を拡大する。 

「3倍目が疲れる」実験結果 3Dテレビ健康不安ないのか(J-CASTニュース)
<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)
14日も暴風、高波に警戒を=北海道と東北-気象庁(時事通信)
<茨城空港>スカイマーク節減案、国交省の許可下りず(毎日新聞)
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開(医療介護CBニュース)

<凍結卵巣>移植治療を国内で初めて開始 順天堂大(毎日新聞)

 順天堂大は16日、がんの放射線治療や抗がん剤の副作用で不妊になる前に卵巣を摘出、凍結保存し、治療後に移植する治療を始めると発表した。乳がんや子宮頸(けい)がんなど15~44歳の10万人以上の患者が想定されるという。これまで凍結卵巣の移植は研究段階で、一般患者が治療を受けられるようになるのは国内初としている。

 学内の倫理委員会が12日、承認した。対象は、閉経前で卵巣機能に異常のない女性で、病気の種類を問わない。保護者が同意すれば未成年も受けられる。患者の自己負担は約70万円という。

 卵巣細胞を生存させたまま凍結することは技術的に難しく、治療法として確立していなかった。今回、07年に凍結技術を開発した加藤レディスクリニック(東京都新宿区)と協力し可能になった。

 治療前に2つある卵巣のうち1つを摘出、表面付近の組織を取り出し、液体窒素などで急速冷凍。がん治療後にもう一つの卵巣に移植する。同クリニックによると、米国では今年3月までに、この技術を使い姉妹間などで2例の卵巣組織移植が行われ、いずれも卵巣機能が回復したという。

 医学部の菊地盤(いわほ)准教授は「がん克服後に子供を持つという希望を持って治療に臨んでほしい」と話す。【斎藤広子】

【関連ニュース】
訃報:小倉恒子さん57歳=乳がん患者で耳鼻咽喉科医
4月号
3月号
医療ナビ:トモセラピー がんの部分だけに放射線を当てる新装置…
訃報:小倉恒子さん 57歳=乳がん患者の耳鼻咽喉科医

倉庫の遺体 殺人・死体遺棄容疑で捜査 長野県警(産経新聞)
<過労死控訴>障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)
女子高生200人がお願い! 警視庁など痴漢撲滅キャンペーン(産経新聞)
「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)
温暖化対策、すれ違い=中国副主任と会談-外相・経産相(時事通信)

「小便かかった」会社員から5000円強奪、2人組逮捕(産経新聞)

 路上で口論になった男性会社員に暴行してけがを負わせ、現金5千円を奪ったとして、警視庁中野署は11日、強盗致傷の疑いで、いずれも東京都中野区南台のアルバイト、阿部大志(25)と糸原誠(24)の両容疑者を逮捕した。

 同署によると、阿部容疑者らは路上で立ち小便をしていたところ、通りかかったさいたま市の男性会社員(26)に「小便がかかった」と指摘されて口論になったという。阿部容疑者は容疑を認めているが、糸原容疑者は「見ていただけ」と否認している。

 逮捕容疑は2月17日午前0時ごろ、同区中野の路上で、男性会社員を殴るなどして、鼻骨骨折など1カ月の重傷を負わせた上、財布から現金5千円を奪ったとしている。

 被害者の目撃証言や、近くのJR中野駅の防犯カメラの映像などから、両容疑者が浮上した。

【関連記事】
「立ち小便400回」72歳の無職男を書類送検
「立ちション中に強盗」狂言男を書類送検
JAL副操縦士立ちションで身柄拘束 成田行き欠航
暴行容疑で消防士逮捕 立ち小便注意され
性犯罪の切り札「さくらポリス」、痴漢容疑の学生逮捕

自民党 藤井元運輸相が離党届提出 新党に参加(毎日新聞)
ポーランド大統領死亡で弔電=鳩山首相(時事通信)
B型肝炎訴訟 原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)
元社保庁職員無罪に検察上告=機関紙配布の国家公務員法違反(時事通信)
中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府(産経新聞)

政府批判の知事も…「美人すぎる市議」にタジタジ?(読売新聞)

 「北東北3県若手地方議員の会」が1日、秋田県議会棟で開かれ、佐竹知事がゲストとして講話した。

 知事は、民主党政権が掲げる地域主権について、「地方交付税交付金が若干増えるなど、少しアメ玉をしゃぶらされてはいるが、具体的な政策は出てこない」と厳しい評価を下した。知事は「権限と財源をきちんと地方に与えることが、これからの時代に合う」とした上で、「権限が移れば、地方議会の役割は相当重くなる。若手から声を上げて欲しい」とエールを送った。

 会には、週刊誌などで「美人すぎる市議」として取り上げられる藤川優里・青森県八戸市議も参加。講話後、知事は「あの有名な……」と名刺交換したが、藤川市議はやさしくほほ笑み返すだけだった。

橋下知事、新採職員に「国家国民を意識して」(読売新聞)
阿久根市給与支払い拒否、地検が告発状を受理(読売新聞)
雑記帳 西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)
ホワイトビーチ案「中止させたい」=うるま市民ら、鳩山首相に直訴へ-普天間移設(時事通信)
普天間政府案、外相「抑止力維持の検討必要」(読売新聞)

激甚災害法で復旧支援へ=チリ大地震の津波被害-政府(時事通信)

 政府は29日までに、2月のチリ大地震による津波で被害を受けた岩手、宮城両県などに激甚災害法を適用し、復旧を支援する方針を固めた。主にカキ、ワカメなどの養殖施設が対象で、復旧費用の9割を限度に補助する見通し。近く、具体的内容を決める。
 チリ地震による津波被害は23日時点で総額62億5800万円。そのうち養殖施設関連は約25億円に上る。 

【関連ニュース】
【特集】2010年チリ大地震~M8.8の巨大地震~
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震~日本にも津波~
チリの地震対策に協力=鳩山首相

多摩ニュータウン 一括建て替え決定 高層マンションに(毎日新聞)
エコカー優遇検討=新たな高速道割引で-国交省(時事通信)
<訃報>後藤悟さん81歳=立行司の第28代木村庄之助(毎日新聞)
介護サービスの選定支援制度、調査機関に全国初の行政処分―静岡県(医療介護CBニュース)
京浜東北線、大宮―大船間の上下線で運転見合わせ(読売新聞)
プロフィール

おのせみそぎさん

Author:おのせみそぎさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。