スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿のビルでCO2噴出 4人病院搬送(産経新聞)

 8日午後1時40分ごろ、東京都新宿区左門町のビル地下1階で、男性作業員らが消防設備の点検をしていたところ、消火用のボンベから二酸化炭素(CO2)が噴出した。東京消防庁によると、23~45歳の男性作業員4人が気分不良を訴え病院に搬送された。いずれも命に別状はないという。

 警視庁四谷署によると、ビルでは8人が作業しており、うち3人が地下1階で作業していた。作業員の1人は「地下にある14本のボンベのバルブを閉め忘れた」と話しているといい、同署は操作を誤ったとみて詳しい原因を調べている。

【関連記事】
簡易コンロのガスボンベ爆発で6人重軽傷
電話ボックスでガスボンベ破裂、いたずらか 大阪
30歳男性「就眠時、アロマキャンドルに火…」マンション1室焼く
ドン・キホーテ放火 消防への損賠訴訟で原告の請求棄却
わいせつの消防副士長を懲戒免職処分 東京消防庁
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

JR中央線で信号トラブル、快速運転見合わせ(読売新聞)
口蹄疫 対応人員の増派を検討 菅首相(毎日新聞)
<AKB48>脅迫容疑で27歳男逮捕 カッター送り付け(毎日新聞)
鳩山前首相、万博「ジャパンデー」式典に出席(産経新聞)
カルテ開示、費用がネック=手数料1万円も、市民団体調査(時事通信)
スポンサーサイト

<民主代表選>4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の辞任表明に伴い4日に行われる民主党代表選で、菅直人副総理兼財務相が2日、出馬を表明した。鳩山内閣のナンバー2で知名度も高い菅氏が有力との見方が党内に広がっている。枝野幸男行政刷新担当相は同日、記者団に「首相にふさわしい一人」と菅氏支持を表明。焦点は小沢一郎前幹事長の動向だが、枝野氏は菅氏に小沢氏と距離を置くよう求めた。小沢氏に近いグループからは原口一博総務相や樽床伸二衆院環境委員長を推す声も上がり、「小沢系」対「非小沢系」の駆け引きが激しくなっている。【竹島一登】

【明快にわかる図説】親小沢・非小沢の民主党内勢力図をみる

 民主党代表選は4日午前9時から10時までに立候補の届け出を受け付け、11時からの両院議員総会で所属議員の投票により新代表が決まる。小沢氏に近い山岡賢次前国対委員長は2日夜、衆参両院の首相指名選挙と組閣も4日中に行う異例のスピード日程を検討していることを明かした。菅氏が後継首相になる場合を想定し、政府と党の人事を最小限に抑えることによって小沢氏の影響力を残す思惑もちらつく。

 菅氏は2日夕、首相官邸で鳩山首相と会談し、代表選に立候補する意向を伝えた。首相は「頑張ってください」と応じた。菅氏は記者団に「昨年秋(の政権交代で)国民が期待したことを鳩山首相が実らせる時間的余裕がなかった。それを引き継ぎ、政治とカネの問題にきちんとけじめをつけたい」と語り、鳩山内閣の政策を継承する姿勢を強調した。

 菅氏は側近議員との会合で「どこから推されるかでなく、自分で決めてやる」と述べ、小沢氏に担がれる形の出馬ではないことを強調。首相との会談後、前原誠司国土交通相とも会い支持を求めた。菅氏と電話で話した枝野氏は2日夜、記者団に「鳩山首相の言った政治とカネの問題にしっかりとけじめをつけ、リセットするのであれば、個人的には応援できたらいいと思っている」と述べた。

 前原、枝野両氏らのグループは同日夜、東京都内で協議し「菅氏が小沢氏を切れるかどうかを見極めて対応を決める」との方針を確認した。その後、枝野氏は菅氏の側近や野田佳彦副財務相グループのメンバーとも会い、「非小沢系」の連携を模索。横路孝弘衆院議長に近い十数人が集まった会合でも菅氏を支持する声が出て、結論は出さなかったものの、幹部は「常識的に言えば菅さんだ」と語った。一方、野田氏は不出馬の考えを示した。

 カギを握るのは最大勢力の小沢氏に近いグループの動向だ。三井辨雄前国対委員長代理や松本剛明衆院議院運営委員長ら約40人が集まった会合では「(無投票ではなく)代表選をちゃんとやるべきだ」として樽床氏に出馬を促す意見が出たという。菅氏が「非小沢系」に軸足を置かないようけん制する狙いもあるとみられる。

 小沢氏周辺から擁立論の出ている原口氏は「今は戦うときじゃない」と出馬を否定した。

【関連ニュース】
【写真特集】6・2ショック 退陣表明した鳩山首相
【関連記事】鳩山首相辞任表明の発言詳細
【関連記事】海外でも関心
【関連記事】鳩山首相、次の選挙出馬せず
【ひとめで分かる】マニフェスト検証 鳩山政権の通信簿

柏崎刈羽原発 1号機を事実上運転再開 中越沖地震で被災(毎日新聞)
JAL・FDA機、最後の“ツーショット”(読売新聞)
民主と連携ありきでない=公明代表(時事通信)
福祉用具相談員の実力テスト、11月に7都市で実施(医療介護CBニュース)
<訃報>石井裕正さん72歳=慶応大名誉教授(毎日新聞)

<口蹄疫>「まずは事態終息を」種牛殺処分(毎日新聞)

 宮崎県での口蹄疫(こうていえき)感染拡大で、「スーパー種牛」の「忠富士」が殺処分されたことは、宮崎から子牛の供給を受けている各地のブランド牛産地にも衝撃を与えた。流通や飲食業界では目立った混乱はないものの、将来的な牛肉調達への影響を懸念する声も出ている。【安部拓輝、竹花周、渡辺諒、高橋龍介】

  ●滋賀

 「近江牛」産地の滋賀県では、1年間に県外から仕入れる黒毛和牛の子牛4500~5000頭のうち、4割近い1700頭弱が宮崎産。改良が進み、霜降りで体の大きい牛に育つため、農家からの信頼は厚い。忠富士まで被害が拡大したと聞いた県畜産課の担当者は「宮崎の宝が……。完全防備していたはずなのに」と語る。

 同県竜王町の澤井牧場では、毎月仕入れる100頭近い子牛の約7割が宮崎産。うち約6割の40頭近くが忠富士の血統だ。今月から仕入れがストップし、飼育と出荷のサイクルは崩れている。澤井隆男社長(52)は「まずは事態の終息を待ちたい。落ち着けば、生き残った子牛が2、3カ月遅れで市場に出る。それを買い支えて応援したい」と話した。

  ●佐賀

 「佐賀牛」で知られる佐賀県の肉用牛は、出荷頭数の14%が宮崎産の子牛から育てられている。県畜産課は「農家には子牛に合わせて積み重ねた飼育のノウハウがあり、他県産に切り替えるのはリスクが高い」と指摘する。質の高い種牛が1頭減れば、口蹄疫が終息しても市場に影響が出ることは否定できないといい、「とにかく早く終息することを祈るだけ」と話した。

  ●長野

 宮崎から年2000頭以上の子牛を買い付ける長野県。県園芸畜産課は「今回の騒ぎが始まってから、宮崎牛の供給が止まった。農家が北海道など他地域から子牛を調達する流れが出てくるかもしれないが、全国的にこの流れが加速すると、価格高騰が考えられる。これが農家の心配の第一だ」と話している。

 ◇流通・飲食業は冷静対応

 東京都内の宮崎牛ステーキ専門店では、5月の来店客数が前年比で2割近く減少。17日からの週は1日5件程度のキャンセルがあったという。店の入り口に安全性をアピールする張り紙をし、客の不安感を取り除こうと懸命だ。関係者は「現地の方がずっと大変。弱音を吐いていられない」と気を引き締める。

 宮崎県産食材をそろえる都内の居酒屋も、ゴールデンウイーク以降に客数が2割程度落ちたという。

 子牛の供給が細り、将来的に牛肉の調達が難しくなるとの懸念もある。焼き肉チェーンを展開するさかいは「客足に影響はなく、牛肉離れはない」(商品部)とする一方で「長期的には牛肉の調達が難しくなるかもしれない」(同)と案じる。宮崎牛のしゃぶしゃぶなどが主力の料亭を運営するニユートーキヨーも「高級品の宮崎牛が更に高くなる可能性がある」と話した。

 流通業界は総じて冷静だ。イトーヨーカ堂は「宮崎産牛は通常通り販売しており、客からの問い合わせもない」。高島屋日本橋店は26日から宮崎県産食材を集めた催事を予定通り開き、宮崎牛などを販売することにしている。農水省は4月20日から全国の小売店約1万2000店を巡回しているが「宮崎産牛肉は扱っていません」などの不適切な表示をしていた店は5店にとどまり、いずれも同省の指導で改めたという。

 宮崎の畜産業者に対する支援の輪も広がっている。県産品のアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」(東京・新宿)に設置された募金箱には14日夕から20日までに約120万円が集まった。募金のためだけに来店する人も多い。伊藤義夫館長は「口蹄疫に関する問い合わせはなく『大変だね、頑張ってよ』との励ましの声の方が目立つ」という。【永井大介、田畑悦郎、窪田淳】

【関連ニュース】
口蹄疫:スーパー種牛を殺処分 全国ブランドに衝撃
口蹄疫:殺処分対象の種牛49頭延命を要望へ 東国原知事
口蹄疫:日本相撲協会が宮崎県に500万円
口蹄疫:「スピード感が大事」鳩山首相、赤松農相らに指示
口蹄疫:新たに5市町9農家で疑い 宮崎

<口蹄疫>エース級種牛感染疑い…避難6頭中の1頭(毎日新聞)
参院選「7月11日投開票」公算、国会延長せず(読売新聞)
イオン 「海のエコラベル」水産物、22日から販売(毎日新聞)
<在日米軍再編>普天間移設 鳩山首相、あす2度目の訪沖 知事らに政府方針説明(毎日新聞)
普天間「すんなり行くかどうか」=地元との調整懸念―小沢氏(時事通信)

浴室で練炭自殺?女性2人の死体 市川市(産経新聞)

 7日午後1時ごろ、千葉県市川市にあるアパートの浴室で、26歳と28歳の女性2人が死んでいるのを県警市川署員が見つけた。

 同署の調べによると、このアパートは28歳の女性の自宅。浴室には目張りがされ、風呂のふたの上には練炭が4つ置かれていた。2人は横たわった状態で発見され、死後1週間が経過していたとみられる。部屋には2人が書いたとみられる遺書がそれぞれ見つかり、同署は自殺した可能性が高いとみて調べている。

 同署によると、都内に住む26歳の女性の母親が4月下旬ごろから、娘と連絡が取れなくなったという。その後、女性が勤めていた都内の書店を辞め、自殺をほのめかしていたことも判明。母親は親戚(しんせき)の男性を通じて同署に「友人と集団自殺を計画しているらしい」と相談していた。同署によると、2人は同じ書店で働いていており、4月初旬までに辞めていたという。

【関連記事】
民家に2人の遺体、母の病死後に息子自殺か 福岡
練炭自殺?母と6歳児、車内で死亡 三重・志摩
アパートで練炭心中か 年下男性の遺体に刺し傷
自殺ほう助の少女に有罪「社会的責任を自覚すべき」
自殺ほう助未遂の少女に有罪 福島地裁
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

本 元警視庁捜査1課長久保さん 体験もとに若者にエール(毎日新聞)
千万円超不正請求で居宅介護事業所の指定取り消し―埼玉(医療介護CBニュース)
D51「撮り鉄」滑落か…がけ下に男性遺体(読売新聞)
豊川一家殺傷 父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
老いる時知らず、若身の美味 初夏の「時鮭」初競り(産経新聞)

明石歩道橋事故 元副署長に公判前整理手続き適用(産経新聞)

 平成13年7月に起きた兵庫県明石市の歩道橋事故で、神戸第2検察審査会の議決を受け、検察官役の指定弁護士に業務上過失致死傷罪で強制起訴された明石署元副署長の榊和晄(かずあき)被告(63)について、神戸地裁(奥田哲也裁判長)は22日、争点や証拠を絞り込む公判前整理手続きを適用することを決定した。第1回協議の期日は未定。

 榊被告をめぐっては、指定弁護士が今月20日に強制起訴。争点や証拠が膨大なため、指定弁護士が地裁に公判前整理手続きを適用するよう申し入れていた。

【関連記事】
次席検事「必要な協力を行う」 明石歩道橋事故で元副署長を強制起訴
検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道
明石歩道橋事故 強制起訴へ異例の紆余曲折、JR脱線の議決も影響か
明石歩道橋事故、過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴

<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
ワインの時短テクニック
園田氏「郵政民営化は守る」(産経新聞)
羽生が2連勝=将棋名人戦(時事通信)
橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ(産経新聞)
プロフィール

おのせみそぎさん

Author:おのせみそぎさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。